img練馬区乳がん検診

練馬区では練馬区在住の40歳以上の女性を対象にマンモグラフィと触診による乳がん検診を行なっております。詳しい内容及び申込方法(インターネットまたは専用ハガキ)は練馬区ホームページをご覧ください。→練馬区ホームページ

<当院における練馬区乳がん検診>

  • 当院では開業当初から(2007年開業)、練馬区乳がん健診実施医療機関に参加し、延べ2万5千人以上の方の練馬区乳がん検診を行っております。
  • 検診は、水曜日を除く平日の午前、午後、土曜日の午前中行っております(申し込み数、曜日によって御希望の時間帯に添えないこともあります。)。また、平日の最終は18時20分ですので、仕事帰りの方も平日に受診して頂くことが可能です。
  • マンモグラフィ装置は最新のフラットパネル方式によるデジタルマンモグラフィ装置を導入しており、従来のものに比べ、画像も鮮明になり、撮影時間は一人4分ほどに短縮され、被曝量も軽減されています。
  • 読影は、2人の医師によるダブルチェックが義務ずけられており、当院でも日本乳がん検診精度管理中央機構による、認定読影医2人でダブルチェックをしております。うち1人は院長で、AS評価を持ち、開業以来全ての読影を行っております。また第3の目としてコンピュータ乳がん検出支援システムであるCADも導入するなど、読影の精度向上に努めております。
  • 撮影は、日本乳がん検診精度管理中央機構による、認定撮影技師が行っております。
  • 読影、触診、結果説明、当院で精密検査を希望された方のエコー等の検査も全て院長が行っており、一貫した診断が可能です。また、石灰化など、特殊な検査(MRI,マンモトーム等)が必要と思われる方、明らかに手術が必要な方などは、適切な病院へ直接ご紹介させて頂いております。
  • 「日本乳がん検診精度管理中央機構」の読影医の試験評価は AS、A、B1、B2、C、D のラン クに分類され、B2以上が読影医として認定されます(認定読影医)。